自動車・バイク・自転車・ホビー・インテリア・アクセサリーなどのパーツを「めっき職人」がめっき(メッキ)、塗装、バフ研磨加工でサポートしま す。
必殺めっき職人®にお任せあれ! 必殺めっき職人にお任せあれ! 自動車 バイク・自転車 趣味 インテリア・宝飾 その他
ISO14001取得 ISO9001取得

ISMS取得
QRコード

ケータイサイト(Mobile site)


加工依頼はこちら
お気軽にお問い合せください!
量産・試作・技術関連のお問い合せは三和メッキ工業サイトを
ご覧ください

ご依頼のお客様へ


technique
めっきの種類一覧
└用途別ランキング
めっき加工の流れ
めっきランキング
研磨の種類と技術
ノスタルジーめっき

必殺めっき職人 ネットショップ

三和メッキ株式会社へ
福井あばさけビジネス道
第9回日本オンラインショッピング特別賞

SOHOホームページ大賞2004受賞
SOHOホームページ大賞2004
大賞を受賞しました
福井HP大賞2004
団体の部の優秀賞を受賞
信毎ホームページ大賞2004
ビジネス部門優秀賞を受賞

サーフボード株式会社へ

めっき加工の流れ

めっき(メッキ)にはいくつかの工程がありますが、ここで一般的なめっきの流れをご紹介しましょう。

まずは製品についているめっきを剥がす作業から始まり、研磨で製品の細かい傷を磨きあげていきます。材質によっては研磨でも十分ピカピカになるのですが、耐久性や錆びない、傷がつかないなどの付加価値をつけるためにめっき加工をします。

材質、形状によっても微妙な調整がありますが、めっきの厚みや製品の用途によっても、一つ一つ加工が違います。
これを正確に判断し、いいものを作るためには、長年の経験と職人技がなければできないでしょう。
めっき職人にはそんなスペシャリストな業師たちが、各々の分野で自分の技術を発揮しています。私たちの職人技をどうぞご覧ください!

■めっき後の仕上がり
めっき前
めっき前
めっき後
めっき後
ここではバフ研磨作業の後、
装飾ニッケル・硬質クロムのめっきの行う工程をご紹介します。

■めっきの流れ
めっき加工はまず磨き上げ、多くの工程で油や汚れを取り除いていき、まったく汚れのないきれいな状態になった後にようやくめっきをほどこします。
めっきというのは実は汚れを取る作業が多くの部分を占めるんです。


治具止め
治具止め(じぐどめ)
製品に電気を流すために治具に装着します。
脱脂
脱脂
製品についている「油分」などを専用の脱脂液の中につけて除去します。

水洗
水洗
脱脂剤をよく洗い流します。
電解脱脂
電解脱脂→水洗
電気を流してもう一度「脱脂」工程を行います。

酸活性
酸活性→水洗
製品の表面に残っている「錆び」のようなものを除去します。
ニッケルめっき
ニッケルめっき→水洗
ニッケルめっきに製品を入れていきます。

ニッケルめっき後
ニッケルめっき後
ニッケルめっき後の写真です。
クロムめっき
クロムめっき→水洗→湯洗
クロムめっきも電気を流して処理します。

乾燥
乾燥
エアーブロウというもので製品を乾燥させます。
完成
完成


Copyright (c) 2004 Sanwa Plating Industry Co.,Ltd. All rights reserved.
三和メッキ工業株式会社
〒918-8063 福井市大瀬町5-30-1
 info@sanwa-p.co.jp FAX:0776-27-4726